② 目のひずみが起こる現代光源のリスク

もくじ

  • 現代光源のリスクとは?
  • 目のひずみはどこから?
  • パソコン画面は水銀光源
  • 太陽光と放電ランプの違いとは?




当然ながら、古き良き電球は近赤外線波長や赤の長波長域を高い割合で含んでいます。
結果的に目には優しい光です。
現代生活で普及されている、水銀による紫外線を含む光源は批判的に見るべき対象なのです。



液晶画面のバックライト(冷陰極放電管)は水銀光源を用います。この光は管径2mmで蛍光灯と同じものです。


水銀光源はTFTフラット画面のバックライト(ノートPCやコンピューター)TFTテレビ、省エネランプ、蛍光管に見られます。


目への最大のひずみは、人々が日常生活の多くの時間を費やして過ごすコンピューターの作業中にTFT画面の前で生じます。



職場においては、TFT画面からの放射線に加えて、室内の光源である蛍光灯や省エネランプからの放射線が負の効果をさらに増大することになります。

TFT画面はバックライトとして水銀光源を用います。
この光は蛍光管のようにガス放電によって作られます。

昼間の太陽の白色光は、長波長、中波長、短波長からなる絶妙な色のスペクトルの割合で構成されています(左図は太陽光、右図は放電ランプ)。

    左図は太陽光、                       右図は放電ランプ



TFTスクリーンも同様に水銀光の不連続なスペクトルを放射しています。
右上の図は、青色エネルギー(青、藍、紫)にピークがあり、しかも不自然な割合であることを示しています。

赤色光の領域は血液の循環を促進するための役割がありますが、右上図の赤いエリアは低エネルギーを示しています。

事項では視界を妨げる青色光について説明します。


お楽しみに!